チェンマイ@


2007.01





チェンマイへ




今回の旅の当初の計画では、バンコクで3日間滞在してその後タイ屈指のリゾートプーケットに
行くつもりだった。
だけど、リゾート地のプーケットには今後行く可能性が高いので、北部のチェンマイに行くことに。


バンコクを出発する前日、旅費を節約する為に電車で行くことを決め、
タイ北部へ行く拠点であるファランボーン駅で夜行列車のチケットを買いに行く。
2等車で行きが800Bで帰りが600B。思ったよりも高い。。。
ただ、車椅子でも乗れるということと、車内のトイレは洋式だということでチケット購入。

出発駅のファランボーン駅 乗った寝台列車



寝台列車は夜7時に出発。
列車は乗降口に階段があったので、車掌達におんぶして乗せてもらった。
タイの列車には車椅子の人が乗ることが皆無らしく、もちろん駅にバリアフリーの設備は無い。
しかし、人海戦術で現場対応でなんとかなるもの。
日本のバリアフリーのマニュアル主義には+現場対応ということも考えて欲しいもの。

列車のスピードはかなり遅い。。 日本の鈍行列車並み。
しかもかなり揺れる。
それにトイレに行こうにも、車内は狭いので車椅子が通らなく、床が汚れていたが這ってトイレに行った。
車内販売はないので、事前に飲物や食べ物を買っておいたほうがよい。


朝8時にチェンマイに到着。
昨晩はゆっくり寝れた。
と言うか最近はどこでも寝られるようになった。
旅ではどこでも寝られるように体を慣らしておこないと、翌日以降の旅に支障が出る。
だから睡眠を充分にとることが大切!


チェンマイ駅





チェンマイの街


チェンマイの街


チェンマイは人口20万人くらいのタイ第2の北部の都市。
古くからの寺院や遺跡もが多く、見所の多いところである。
日本で言うと奈良のようなところか。
年間通じてバンコクに比べると涼しく、とても住みやすいらしい。
日本人もロングステイしている人も多いと聞く。
街ものどかで、上記の写真のように街中心部にはきれいな花も多い。
またチェンマイは美人が多い地域としても有名。
タイ語を覚えて地元の美女を口説いてみてもいいかも?

チェンマイのダウンタウン






チェンマイのバリアフリー



チェンマイ駅よりホステルまで歩いていくことに(車椅子で)

ホステルまでの道のりはけわしい。
なぜかというと、チェンマイはバンコクのように街がまだまだ未整備。
道路と歩道の間も段差があったり、きれいに舗装できなかったりと。。
しかもチェンマイにはタクシーというものが非常に少ない・・
個人観光客への交通機関といえば、トゥクトゥクくらいしかなく、
英語も通じないことがほとんどでボラレることも多いので事前に値段交渉必須。


それとチェンマイは野犬が異常に多い!
車椅子で東南アジアを旅するのには、バリアフリー状況を気にするよりも、
野犬からいかに逃れるかが重要!!
なぜならば、当たり前のことだけど、さずがに野犬には言葉も全く通じないと言うこと。
お金を払ったり、話しあったりすることが全くできないからだ。
野犬はおれのような車椅子の人を見ると、目線が低いということでナメてかかってくる。
日常はだら〜と寝そべっている犬も、車椅子の人と目が合うと、立ち上がって追いかけてくるのだ。
しかもこちらの野犬には
狂犬病を発症している場合も多い。
噛まれて、狂犬病が発病すると100%死亡してしまうので、特に注意しましょう!




チェンマイのホステル



バンコクのスクンビットのホステルより予約した。
ネットでも予約可能で下記よりアクセスすればよい。

Chiang Mai 5 Stars International Youth Hostel
http://www.japanese.hostelworld.com/availability.php

チェンマイ・5スターホステル
1泊約150B(約400円)でとても安い。
(朝食つき)
チェンマイ駅より約2km。

ここのホステルはとても家庭的なところ
ホステルのオーナーは車も持っているので、交渉次第では観光や買物にも
連れて行ってくれる。(ちなみにオーナーの車はミツビシ・ランサーエボリューション)

ホステルの入口に2段段差があるが、これはスタッフ又は宿泊客に手伝ってもらえればいい。
部屋はツインルーム。トイレ・バスルームは段差が5cmほどあるのと、
ドア横には車椅子回転スペースがないので非常に入りにくい。
シャワーにはいすはないので、車椅子から降りて使用する。

スタッフはアットホームで雰囲気良し。
アルバイトの学生もいて、彼女は日本語勉強中なので、少しは日本語で会話もできる。

アクセスは市街とは少し離れているので、便利とは言えない。
近辺の道も道路自体に段差もあるので、ウィリー走行が必要。
また野犬がいることもあるので注意。


ホステルのロビー ツインルーム





屋台で食べる



タイではいろんな食べ物が安く手に入る。
レストラン・フードコートも割りと安いけど、やっぱり屋台。
近くを歩いていると、屋台で何かを焼いているいい香りが〜
立ち止まってちょっとおやつを♪

下記の左の写真は、鶏肉かカエルの肉かわからないけど、
安くて旨い!約15円くらい。
右の写真はタイ製のちまき。これも約10円。
もち米に、キュウリ、唐辛子など具だくさん。


またチェンマイ駅近くのナイトバザールへ行くと、
フードコートも数箇所あり、こちらはメニューも豊富。
タイ料理・中華・日本食まで。
屋台で食べてお腹を壊すのがこわいというひとにはお勧め。

あとチェンマイ市南部には大型のスーパーがあり、
こちらでは土産物から食品まで現地のものが安く買えるので、ここもお勧め!

チキン?それとも・・・ 日本で言うちまき


ナイトバザールのフードコート マンゴージュースとタイ式麺