クアラルンプール


2007.01





クアラルンプール



KLのシンボル・ツインタワー KL市街



クアラルンプールは近代的な街だった。
とにかくビルディングの数が多い!そしてデパートも新しい。。
市内中心地にはモノレールも走っている。
公園も多く、緑がいっぱい。
さほど日本と変わらないのではないか。


クアラルンプール到着の翌日、朝から市内のシンボルでもあるツインタワーへ行く。
展望台から眺める景色は最高!!
シンガポールほど街並みはきれいではないけど、市内全体がよく見渡せる。
ちなみにツインタワー展望台へは17RM(約600円)


昼からは気温が高くなってきたので、デパートでランチついでにひと休み〜
東南アジアは日差しが強く暑い・・・
こんなときは大型商業施設で過ごすのが一番!
とにかくエアコンがガンガンなので、体温調整の取れない人にはベスト。

チキンライス アイスカチャン(マレー風カキ氷)


ランチはチキンライス(約150円)と、デザート前にマレー風カキ氷(約100円)を食べる。
チキンライスは日本のようにケチャップを使った物とは異なり、ご飯・チキンが別。
カキ氷は、氷の上にコーン、氷の中には寒天や日本で言う白玉だんごのようなものが入っている。
ふたつとも味はなかなか!!





クアラルンプールのバリアフリー



上記に書いたようにクアラルンプールの街は日本のように近代的。
しかし、バリア度を考えるとまだまだこれからといった感じ。

横断歩道はあるが、車道と歩道との境界は段差があり、
信号も無いところが多いので、横断するのは気をつけなければならない。
車優先の社会なので、歩行者が居ようともなかなか止まってくれない。
人も親切な人は多いが、街中にあまり障害者がいないので理解度が低い。。
このあたりも少し日本と似ている。


下記にある、デパートのトイレは、
便座シート(ビニールコーディング)が自動で旋回し、
真新しいものに替わる。これは清潔面を考えればなかなか面白い設計。


車椅子トイレは少ないが、下記の写真のトイレはコイン式。
小銭でも決まった種類のコインしか使えないのが不便なところ



デパート内のトイレ 横断歩道(段差有・信号無し)



街中にある車椅子トイレ






多民族国家マレーシア



マレーシアはシンガポール同様に多民族国家。
マレー系・中国系・インド系など様々。
宗教にしても、イスラム教の女性はほとんど肌を出さないが、
マレーシアに関しては割りと自由で、
顔全体が露出できるヘジャフ(スカーフのようなもの)を使用している。

多民族ゆえに食事もバラエティーに富んでいる。
中華・マレー・インドなど。。。
安くてうまいグルメにありつけるからマレーシアはお勧め!!


街中 屋台街(アロー通り・ブキッビンタン)


中華麺とビール



夕食はホテルから約500m離れたアロー通りへ。
途中、歩道と車道との段差に何回もひとり奮闘したり、人に介助してもらいながら車椅子で歩いていく。
汗だくになりながら、アロー通りに到着。
ここへ来れば安くて旨い食事にありつける。
中華麺とビールで約100RM(300円)


そして夕食を食べ終わった後、日本人では信じられない光景が・・・
それは、屋台で夕食をとっていた中国人女性が、残った麺類の汁を地面に捨てていたのだ!!
それにとどまらず地面に痰を吐いていた・・・!!!
恥じらいも全く感じられないくらいに・・・

これが日本人女性だったならば、汁を地面に捨てることはしないだろうし、
痰を吐きたくなったら、ティッシュにこそっと包んでゴミ箱に捨てるだろう。。。。

最近中国人のマナーの悪さに関する報道が多いが、
このようなマナーの悪い人を数人見たのだからそうなのかもしれない。。