バリ島へC

2006.09.01〜09.08



ヴィラ・ビンタン


朝食

ウブド2日目。
このコテージはとてものんびり〜
時間がゆったりと流れている〜

朝食後もコテージのデッキで読書タイム!!
と思いきや、ついつい昼寝してしまう。。。
そこでコテージの紹介しちゃいます。

部屋@ 部屋@
部屋B 部屋C

ヴィラ・ビンタン
http://www.villa-bintang.net
シングル1泊3000(ネット予約)

これで1泊3000円なのだ!!超安い!!
それとスロープは新たに私のために作ったとのこと。
トイレ・バスは車椅子の人のために元々配慮して作ったらしい。
(数年前に随筆家の大村さんという方が車椅子だったらしく、それを機会に全てバリアフリーに作ったコテージ)
おまけにコテージのデッキにあるソファとベッド!
これがわたしのお気に入り。

それと夕食後、コテージのデッキから外を眺めていると
なんと蛍を見ることができるのだ!!
そんなに数は多くないけど、2・3匹田んぼの周りをフラフラ飛んでいます。
たまにデッキの近くまで飛んでくることがあります。
おれは生まれて蛍を見るのは初めて!結構感動しました!


ウブドの街

この日は午前中はコテージでゆっくりして、光森さんとマネージャーのボンさんとウブドの町へショッピングに出かける。

まずは昨日レゴンダンスをしていた王宮に!

ドラゴンを作る職人

これは王様の家族が亡くなったらしく、その葬式のためにドラゴン(龍)を作っている。
(バリでは葬式は悲しむ儀式じゃなくて、お祭りである)

ウブドの市場@ ウブドの市場A

その次はウブドの市場へ
バリの人は『市場で値段交渉するのが楽しいですよ!』って言うので
交渉開始!!
これいくら??
(言ってくる値段の1/4くらいに!!)と気合を入れていたのに。。
『いくらで買いたい??』って聞いてくる。
いくらで買いたいって言ったって安いほうが・・
こんな感じなので調子狂っちゃう・・・
結局買い物したけど、後で聞くと現地人の値段の3倍だそうだ。
バリ島では@日本人価格A西洋人価格Bインドネシア価格Cバリ人価格
というのがあるらしい!!
よくあるのが日本人は
『これだったら日本より安いからいいか!』って値段に納得してしまうらしい。
買い物のコツは日本の金額で考えてはいけないらしい!!
(反省・・)


ウブドの町(モンキーフォレスト通り)
は歩道と車道と段差だらけ・・
それと車道には駐車している車が多いので、かなり危ない。。

ヴィラビンタンのスタッフは車椅子のお客様が来ると、ウブドの町へ車の送迎&ガイドもしている。
(車椅子の人にはこれはサービス{電球})

モンキーフォレスト通りはおしゃれな店も多い。
アクセサリーなどを置いている店もけっこうある。
おすすめは手織りのクッション・クロスなど。
バリでは機械で大量生産の物より、手作りの物が安いからだ!!


夕方からはお祭りで人々の行列があるというので、
ウブドのメインストリートで待機する。
その後1時間後人々がそれぞれに衣裳を着けての行列。
ウブドの街はお祭りが多く、毎日どこかの地区(日本で言う自治会のようなもの)
で行われているらしい。

ウブドの行列@ ウブドの行列A