チリの友人宅へ


2006.04.27〜05.08






28時間の大移動


チリへ行こうと思ったのは、
去年4月にパリに行った時に知り合い、
エッフェル塔や凱旋門を一緒に観光したチリ人の友人宅を訪問するためだ。

チリまでは日本からおよそ
12000マイル(アメリカ経由)
飛行機は最低1回乗り継ぎで26時間!!
今回の旅はマイアミで友人と合流するので合計28時間の超長旅だ。

さあ、なにわともあれ、今から12日間の長い旅の幕開け
アメリカン航空で17:30関空をいざ出発



機内食


ようやくダラス・フォートワース空港に到着。
その後乗り継ぎ、マイアミでまた乗り継ぐ。
そこからチリ・サンチアゴまで8時間のフライト

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
日本から
28時間目に
ようやくチリ・サンチアゴ国際空港に到着
こちらの時刻は朝7時半!!
そして空港には友人ジャコモ・マリサ夫婦が迎えに来てくれてた
ほんとひさしぶり〜!!
さっそく挨拶〜
『OH!!SATORU(おれの名前
『OH!!GIACOMO!! MARISA!!』


そんな久々の再会に水を差すできごとが・・・・
なんと・・
マイ車椅子が無い!!!!
なぜ!?
アメリカン航空のカウンターに確認してみると、
なんとアメリカのダラス空港に
ロストバゲージ!!!!
おいおい!!おれの大事な足やでぇ!!!!
と言ってもすぐには何ともならない。。
ひとまず明日の同じ便でマイ車椅子が到着すると言うので、
とりあえず臨時で空港の車椅子を借りることに。
それでそのままジャコモの自宅へGO!






チリという国


ここで改めてチリを紹介しよう!
チリは南米にあり、アルゼンチンの横にある最南端の国。
治安も南米で一番良い国!公用語はスペイン語
日本でいうと公共金詐欺で有名になったアニータ
名物はチリワイン(約100円より!安い)
地形は太平洋に面し、全長4000kmの細長い国。
北隣はペルー・ボリビア、東にはサッカーで有名なアルゼンチン、
南には南極がある。






サンチアゴ市内観光・市場でシーフード



それからジャコモの自宅に連れて行ってくれ、自宅の庭で
ウェルカム・ブレックファーストを

ジャコモとマリサ


朝食を終え、サンチアゴ市内に観光に
街の雰囲気はヨーロッパそのもの。
それととても緑が多く、公園がたくさんある。



サンクリストバルの丘より
サンチアゴ市内を
旧市街@
旧市街A カメラの視界に入ってくる人


サントクリストバルの丘よりサンチアゴ市内を望む
サンチアゴ市は盆地だから煙が蔓延する。とてもすごいスモッグ。



動物愛護団体のデモ


ゆっくり市内も見物できたし、それや腹ごしらえといきますか!!
旧市街にある中央市場へ行くことに!
ここへ来た目的は、日本では高価なシーフードを腹いっぱい食べること。
アワビとウニを頼む。
だけどアワビは日本でいうような味とは違ってがっかり。。。
ウニはそのもの♪しかし味付けが違うのでやっぱりしょうゆをかけないとおいしくない。



ロコ(アワビの一種) ウニ


これがチリのうに
これで日本円で1000円安い



ブルーノとジャコモ


ジャコモと息子ブルーノ
ブルーノは芸術家でモニュメントやアニメーションを作成している。



娘のカーラーと孫たち


同じくパリで一緒だったジャコモの娘カーラーと
孫の長女カタリーナー・次女マンダリーナ・長男マーチン
こちらも久々の再会。特にカタリーナーはほんとに大きくなったね{
お姉さんらしくなってるよ〜

その後、サンチアゴ市内から2時間掛けて
ジャコモの
別荘へ。
小柄な建物だが管理人つきの2LDK!
ジャコモの仕事は自動車販売・修理の実業家なのだ。



別荘