パルパライソへ


2006.04.27〜05.08





世界遺産のパスパライソへ



今日は朝9時までぐっすり眠り、
ジャコモの自宅の庭で朝食後、
空港へ問題のロストバゲージしていた車椅子を取りに行き、
それからチリ第2の都市、カラフルな屋根がある家が美しく、街並みが世界遺産である
パルパライソに行く事に。



パルパライソへ パルパライソの標識


サンチアゴからパルパライソまでは高速道路で約時間。
少しアメリカの砂漠を思わせるような景色
ハリウッドを思わせるような看板も

この辺りはチリ名物チリワインに使われるぶどう園が一杯!!
チリワインは安いです!スーパーでも売られていて、
1本100円〜高くても3000円くらい



チリワイン用のブドウ畑


雄大な大陸の景色のあとパルパライソに到着
パルパライソは街が急な斜面にあり、日本で言うと尾道か芦屋のような街だ!!
太平洋に面していて、熱帯の木が街路に植えてあり、リゾート地とも思える。
家々の屋根はとてもカラフルで、これが世界遺産!

残念だったのは海に浮かぶ軍艦を写真に収めれなかった事・・
これを写真に撮ると罰金10万円(日本円換算)に写真没収だから、怖くてとれない
かっこよかったんだけどね。。。



街並み@ 街並みA
街並みB 街並みC


昼食は少しコシ遅めの3時に。
太平洋が眺められるシーフードレストランに
よく海外旅行に行くと、食事が合わないからと言って
なるべく日本的な料理をリクエストする人がいるけど、
せっかく外国に来たのだから現地の食事を食べなきゃ損損
今回の昼食はバイキング
タコ・イカ・パエリア・チキン・スープなど
いっぱい食べました。

パルパライソを後にして、
またサンチアゴに戻り、土産物を買うため、
サンタルシア民芸品村へ
夜の8時くらいだったので人はまばらだったけど、
チリにしかないかわいい民芸品がいっぱいだし、格安です!
チリに行った人は、ここでガサッとまとめて土産を買ったらいいですよ。



民芸品村@ 民芸品村A




ジャコモの娘 パオラの家へ


その後、ジャコモの娘パオラのマンションへ

そしてパオラにスペイン語で挨拶を
(実は1ヶ月スペイン語のテープで勉強した。しかし撃沈・・)
そして夫のフランシスコにも挨拶。
パオラのマンションはとても広く、壁はすべて白一色
そしてチリの名物料理のパイをごちそうになり、
ワインを片手にサンチアゴ市内の夜景を♪
昼間のすごいスモッグは少なくなり、きれいな夜景が見れた

フランシスコはアラブ人でバナナの輸出の仕事をしているらしい。
そして、フランシスコとパオラの馴れ初めなどを聞いた。
フランシスコが結婚前の2人の写真を見せてくれた。
ほとんど、ジャコモとマリサに付き合っているのを報告する前の写真ばかり、
さすがのジャコモも苦笑いしていた
やっぱりどこの国も同じなんだなぁ



みんなで写真を