ソウルを1人で観光@

2005.09.20〜09.23



5回目の訪問、初めてひとりでのソウル観光

今回でソウルに訪問したのは6回目(うちプサン1回)
初めてのソウルは社員旅行。
あとは友人と来ている。
今回は一人だし自由にソウルのディープなところへ行こう!

パチンコ屋? 有名な門。
名前は忘れたけど

まずはホテル近く(インサドン)を散策する事に!
ん??韓国ってパチンコ屋あったっけ??
確かに日本では朝鮮・韓国人がパチンコを経営している人は多いけど、
韓国にパチンコ屋があるって来た事無いぞ!!
興味をそそられたけど、何か怪しいのでやめとくことに。
(実はパチンコ好き♪)

そして次にミョンドン・イテウォンへ。
ミョンドンは東京で言うと渋谷のようなとこ。
イテウォンはちょっと外国人町っぽい。
イテウォンは近くに米軍の基地があるからアメリカ人多し。

ミョンドン イテウォン


イテウォンでは革ジャンの買出しに〜
その後韓国の知人の車で冷麺を食べに!
ここは冷麺専門店だからうまい!!!
しかしこの味を伝えられないのが残念・・・
カメラを知人の車の中においていってしまった!!

その後ホテルへ戻り、
ソウルの夜の街へ出かける。

ミョンドンの夜 ホテルの近くの酒場


ミョンドンの夜は人がいっぱい!!
そしてあちこちで屋台がある。
何だか味がある街だね。
日本を20年古くしたような。。
そして夜の町と言ってもソウルは治安良し☆☆
だって朝の5時までデパートが開いているんだもの〜


ソウルの街

昨日はミョンドン・イテウォンへ行った。
今日の予定は、
ホテル→ソウル駅→南大門市場→東大門→ロッテワールドのマーケット
これはかなりハード!
あとは車椅子でいけるかどうかアクセスの問題。
確か、今のソウル市内は設備がすごくバリアフリーで
行き届いているという噂を聞いた。
どの程度なのはお手並み拝見といくか!!

ソウルのバリアフリー情報

@インサドンの車椅子トイ
使おうと思ってドアを引こうとしたが
カギがかかっていた
A車椅子リフト
Bエレベーター Cエスカレーターのリフト


ソウルのバリアフリー
ソウルの街は市長の政策により、かなり充実されたバリアフリー施設になっている。
地下鉄はほぼ全ての駅が車椅子でアクセスできる!!
@〜Cの写真は全て地下鉄へのアクセスのところ

リフトには呼び出しボタンはついていて、係員を呼び出せるのだが、
係員はあまり英語が通用しない・・。
こちらは韓国語も分からないので、なかなか理解できなくて。。。

少しインターホンで叫び?続けていると若い大学生らしき人が
来てくれた〜
それも6回くらい地下鉄に乗り降りしたが
来てくれるのはほぼ若い人!
年配の人はまず無視ですね。
ココは日本よりシビア・・
でも韓国人の若い人はかなり英会話ができる!!
日本人は英語のレベルはあるのだけど、
英会話が慣れていないから、会話は厳しい。

設備は5年位前に行った時と比べて格段によくなっている☆☆
しかしまだ人々に浸透するには時間がかかりそう。