ソウルを1人で観光A

2005.09.20〜09.23



インサドン(仁寺洞)近辺食べ歩き&観光

今回でソウル旅行のホテルはインサドンにした。
昔ながらの韓国の食堂・御茶屋・骨董品などもあり見所も多い。
あと地元の人が通う居酒屋なども多く、
現地の顔が覗けるところかも!?

この日は朝早く起きて、恒例の散歩を1時間ほどして、
さすがにお腹減ったので近所にあったお粥屋さんへ

お勧めは何と言っても
あわび粥!!
過去1回だけ、あわび粥食べたけど濃厚なダシに、あわびや具材がいっぱい!!
それになんたって消化が良くて朝食にもってこいだから♪

店の名前は忘れたけど、日本語が通じる店です。(観光客が多いよう)
※次の日にホテルのフロントに頼んで他のお粥屋さんでお粥頼んだら
 もっと安かったけど・・・

お粥屋 あわび粥

遅い朝食をとったあとは、土産を買うためにストリートを歩く。
やっぱり韓国の土産屋って、とんでもない客引きがあるかと思ったけど、
ここインサドンでは南大門市場のようにそんなにしつこくない。
それにわりとおしゃれなものも多いので、女性には特にお勧めなスポットだろう。

土産屋 路地

こんな建物もできていた。
↓   ↓   ↓

ショッピングモール@ ショッピングモールA

この上のモールにはおしゃれな店がたくさん!!
インサドンの今の人気スポットではないか。何だか味がある街だね。

そして新しい建物なので、
車椅子トイレもあるし、エレベーターもある。
店と店の間は緩やかなスロープなので移動もできる。
ここを基点に観光してはいかがか。


南大門市場

ソウルへ来たら是非一度は足を踏み入れたいところ。
それは南大門市場。
ソウルの顔とも言えるところだ。

怪しいニセモノブランド物の宝庫。
異様な活気。
ウインドーショッピングだけでも十分楽しい♪

一応、観光案内所に地図をもらいに行く。
そうしたら案内所のおばちゃんが
『あなた日本人だよね!この日本語を英語に訳してほしい!!』って。
どうやら欧米人が尋ねてきて、おばちゃんは日本語のガイドブックしか持っていなく、
それをどうやって約したら良いのか困ってたようだ。
いつも旅行先の英語ができなこまっているこれだけど、
こんなことなら何とか約すことができるということで教えてあげることに!!
意外なところで勉強した英語が役立ったわ!!
なんともうれいい!!

南大門市場の入口 市場の中

南大門を後にして、東大門市場へ行くために地下鉄を利用する。
いつもタクシーを利用するが料金が高いので、節約するために地下鉄に。
でも地下鉄の駅によるが、切符を買おうとすると
『買わなくてもいいから、こっちを通りなさい』と改札口を通される。
地下鉄でのバリアフリーの設備は行き届いているが、
ソウル市内では障害者の姿を見かけることはほとんど無い。
まだまだそのあたりの認知が不足しているのだろう。
早く情報を韓国の障害者の方の隅々にまで伝えて利用してほしいのもだ。

東大門 噴水ではしゃぐ女子高校生

東大門市場

東大門市場へ来た。
前回のソウルではこの辺りで道を迷った。
今回は地図を携帯しているので大丈夫だろう。

ここへ来たのは屋台街へ行くためだ。
東大門市場にはとても大きな屋台がある。

屋台街内 頼んだ料理

屋台の中は平日の昼間だと言うのに大勢の人だ。
それに昼間からネクタイ姿で飲んでいる人が異様に多い!
韓国人は飲酒のまま仕事をするんだろう。よほど酒の酔いが覚めるのが早いのか?
おれも韓国人に雑じって注文することに。

スンデ(腸詰め)、春雨、ソーメンなど。。。
スンデは今一だけど、ソーメンと春雨は抜群に旨い!!
ここまで来た甲斐があるわ。
お腹もいっぱいになったところで会計を。。
1300円!!
・・・・ 耳を疑う・・・・
えっ!?もう1回!!
1300円。。。
これで1300円なのか!??

ぼられた。。。
値段がかなり安いとなめてた。。。
と言っても食べたものだから言い値だし払わなければならない。

やはり日本人だからぼられたのかもしれない。。
と言ってもたかが1300円だからいいかー。
とすぐに期限を直し、帰国のためにタクシーを乗り
インチョン空港を目指す!