緑豊かな美しい街シンガポール

2005.04.20〜04.22


市街からフランクフルト空港へ

今日で長〜いヨーロッパ旅行も終わり。
ほんとこの18日間いろいろありました。
人との出会いにハプニングと。。

そしてユースホステルからフランクフルトへ電車で。
そしたらまた電車に乗るのに階段が!!
それも出発のベルは鳴っている!!
しかも駅員が近くにいない。。おいおい・・・
するとドイツ人の若い青年が2人が電車に担ぎ上げてくれた!!
ヨーロッパの福祉って、設備がしっかりとしているのではなくて
回りの人が普通によく手伝ってくれるってこと。
少し手助けしてくれるだけで、何とかできることも多いしね。
設備は日本の方が数段上だけど、
日本の場合は人が慣れていない。また手伝ってもらうときは
こちらからお願いしなきゃいけないんだけど、
よく気づいてくれる人がいればうれしい。

空港までの電車内 フランクフルト市内のトラム

この旅行最後の目的地 シンガポール

フランクフルトから約11時間。
やっとこの旅行最後の目的地シンガポールに到着。

まだ朝6時。帰りは明日の夜中の12時。
2日間思い切りシンガポールで滞在できる!!

そしてタクシーに乗り、市街へ。
中国人街やホテル近くのデパートへ行った。
しかしシンガポールは暑すぎる!!
デパートではエアコンがガンガンに効いているので涼しいが、
外では摂氏32度。。。
ドイツとの温度差は15度以上・・・
動きすぎて疲れるといけないので、公園などで涼んだり。。。

シンガポールは以前から聞いていたが
町中がほんとうにきれい〜
ゴミも全く落ちていない。
それに緑が多く、癒されます!


※ちなみにタバコを吸うのは、は灰皿がどこにでもあるので大丈夫です。

シンガポールのビルディングと緑 公園の中
スタジアムを向こうに マーライオンの前で

これが本当のバリアフリー!?


シンガポールは多民族国家。
中国系をメインに、マレー系、インド系、アラブ系。。
それに観光客はヨーロッパからも多い。

知らなかったけど、結構以外だったのは
この国は本当にバリアフリー
だなぁって思った。
このバリアフリーっていうのは、実際に段差がなかったり、スロープがあったりというのではなく民族・宗教・食事が全てバリアフリー!
ようは共栄共存してるってこと!

寺院 仏教 寺院 ヒンドゥー教
教会 キリスト教 モスク イスラム教

どこの国でも普通はどれかがひっそりと田舎の方にあるのに
食事もなんでもあるから便利!
ちなみに2日間でいろんなジャンルの料理を食べました。
※旅のグルメ参照

フードコート インド・アラブ系料理 アラブ人街