2度目のヨーロッパ


2007.05〜06





激安航空券にて



4月中頃、何気なーくHISのHP見てたら・・・
とんでもなく安いチケットを発見!!
何と、60,000円だったんですよ!!!(名古屋発)
だけどもう少し値段の安いのものはないかと調べると、
ワールドエアシステム(旅行代理店)  http://www.was-jp.com/  で58,700円!


大阪〜名古屋間は新幹線のチケット付。
しかも航空会社は、アラブの超お金持ちの会社で、今注目を浴びているエミレーツ航空。
こんな破格の条件なら行くっきゃない♪♪


ということで、早速行き先を、以前から行きたかったポーランドのアウシュビッツをメインに、
中欧を周遊するプランを組む。
おまけにこの時期は夜の日没が晩く、夜9時半頃まで外は明るいので、とても旅行しやすい♪♪

エミレーツ航空の機内 エミレーツ航空の機体





ドバイまで11時間 そして乗り継ぎミュンヘンへ



おれの住んでいる四国の高松から中部国際空港まで、電車・新幹線を利用して約5時間。
そして中部国際空港からドバイまで約11時間。
通常ならGW明けで空席が多いんだけど、激安航空券キャンペーンのせいか、機内はほぼ満席状態。。。
しかし気を利かせてくれたのか、通路側と窓側の2席を使わせてくれた。
おかげで国内の長時間移動で疲れていたけど、ぐっすり眠れることに♪zzzz・・・

ドバイ空港 アラブの男達


フロアで寝ているイスラムの女の子



ドバイ空港に到着。
アラブ系の人がたくさんいる!いかにも"アラブ"っていう衣装を着たアラブ人。
フロアで普通に寝ているイスラムの女の子なども。。。
中東にまで来たんだなぁ〜 って実感。
ドバイでの乗り継ぎ時間は3時間。

それをロングタイムトランスファーということで、
障害者専用ラウンジ(正式名称はわからない)に案内される。
(ラウンジ内にはミネラルウォーターとお菓子が。もちろん無料です!)
そこには世界中から高齢者や車椅子の人がいた。
アフリカのソマリア在住のおばあちゃんとかもいた。
シンガポール・チャンギ空港にも同様のサービスがある。

ラウンジの入口 多くの人がいます


その後、トイレを済ませ、空港内でショッピングもして、いざ次の目的地ミュンヘンへ!!

中央駅まで見送ってくれた。



ミュンヘンまでは隣がドイツ人の一緒に。
彼のおかげで6時間のフライトがあっという間に〜
彼はインドネシア・ジャカルタ在住のドイツ人。
現地では写真家として活動してるんだって。
話のネタはなぜか日本人と韓国人。
日本人はほどほどに酒を飲めるし優しい人が多い。
だけど韓国人は酒がとてーも強いし、どんどん飲まされてしまう。奴らはクレイジーだよ。。。って。
ミュンヘンまでずっと話が盛り上がった!!
その後、ミュンヘン中央駅まで見送ってくれた。




ザルツブルグへ


今回の旅の行程は、ドイツ・オーストリア・チェコ・ポーランド・ハンガリーを周遊する旅。
当初はオーストリア・ザルツブルグにてサッカー観戦する予定だったので、到着地をミュンヘンにしたけど、
(レッドブル・ザルツブルグには日本の宮本恒靖・三都主アレサンドロが所属しているチーム)
ホームゲームとアウェイゲームを勘違いしてしまった。その日にはザルツブルグで試合はないのだ・・・。
だからミュンヘンを観光しないでザルツブルグへ直行する。

※ザルツブルグは人口15万人ほどのドイツとの国境の街。
 音楽で有名なモーツァルトの出身地。ザルツブルグの街が世界遺産。

河岸よりホーエンザルツブルグ城を眺める。 ザルツァッハ川


ザルツブルグ駅に到着して、事前に予約していたユースホステルへ。
入口の階段約3段をスタッフに手伝ってもらい中へ。
そして中を見渡していくと、ちょっぴりまずいことに気づく。。。。
部屋は2階より上、おまけにエレベーターも無い・・・。
これじゃ部屋に行くことは困難で、泊まることも難しい・・・
仕方ないのでユースのスタッフが別のユースまで車で送ってくれると言うが、
そのユースホステルは駅から離れているため、翌日の移動が大変なので、
どこでもいいから泊めて!!ロビーでも何でもいいから!!と頼み込む。
そしたら『ロビーの奥側にシアタールームがあるから、10時以降なら部屋を使ってもいいよ!』
『料金も半額の8ユーロでいいし、ふとんとマットも敷いてあげるよ〜』って!
良かった〜♪ そしてスタッフの柔軟な対応うれしい♪♪
おかげでこの日の夜はぐっすり休めました。

ユースホステルのレストランのスタッフ

ユースホステルの外観 ユースホステルのロビー