エストニア


2008.08





ラトビア・リーガへ移動




タリンへ


リーガで2泊した後は、ロシアへ向かう途中にエストニアの首都タリンへ
ユーロライン(EuroLines)のバスに乗り5時間少々で到着。


バス停から中心部まで歩いて約30分。
タリン歴史地区にある高台に登った。
ここからはタリン市内とバルト海が見渡せる絶景ポイント。
海の向こうはフィンランド。
共産主義時代は、この海の向こうの国に人々は行きたかったんだろうなぁ・・

タリン市街を見渡す


ただ、高台の展望台までは古い石畳の道に急な坂。
途中に観光客の人も多いので、数回助けてもらいながらあがった。



タリンの土産物屋のオネーチャン。
ロシア人と比べると白さはないが、愛嬌満点でかわいい!


タリンにはカジノも多い。
1エストニア・クローン(約10円)からカジノが楽しめる。
ロシア・サンクトペテルブルグ行きのバスの出発は夜中の11時。
カジノや映画館、ショッピングモールも充実しているので、時間つぶしすることができた。

夕食は
トマトのスープ
トマト好きにはたまりません。
エストニアやロシアはスープがとてもおいしい♪





夜行バス


サンクトペテルブルグへ向かう夜行バスに乗ろうとすると、
すぐさま、運転手に『おまえは乗るな!』といきなり乗車拒否。

しかし、俺はバスのチケットも購入しているし、今夜ロシアに入らなければビザの関係上、入国することができない。
だから、運転手の制止を振り切り、自分で乗り込む。
当然、運転手は車いすの収納や荷物も持ってくれるはず無いので、
近くにいた親切な乗客に手伝ってもらった。

今まで、いろんな国へ行ったけど、
介助してもらう、もらわない、といった配慮は不要だと言ったのに乗車拒否されたのははじめて。
さすがロシアの運転手。サービスもクソもない・・・

サンクトペテルブルグ到着は朝の6時の予定。
7時間の長時間移動だが、隣の席に座ってた人と素敵な出会いが待っていた!