サンクトペテルブルグA


2008.08





エルミタージュ美術館


エルミタージュ美術館


世界三大博物館と言われるのが、
イギリスの大英博物館、フランスのルーブル美術館、そしてこのエルミタージュ美術館。
とにかく展示品が300万展というほどすごいのである。

入場料350ルーブル(約1000円)
個人で行くなら、朝一で行くことをおすすめする。
なぜなら、世界各国から観光客が来るので、中に入るまで2時間待ちはザラだから。
俺は車いすというので、他の客が優先させてくれた。待ち時間約40分。


中はとんでもなく広い!!
ガイドブックを見ていても迷ってしまう。
それに全てを観ようと思うと、2日はかかる。


館内はバリアフリーの設備が整っているので移動に全く問題ない。
各所に、エレベーター、昇降リフトが設置されています。
素晴らしいユニバーサルデザインです。

サンクトペテルブルグに来て、ここを訪れないのはもったいない!!
ぜひ行きましょう!

美術館内の展示品があまりにも多いので、
HPで紹介する絵のテーマは
エロスです!(笑)


こちらはピカソの絵です。







夏の宮殿(ペテルゴフ)



サンクトペテルブルグ最終日は、夏の宮殿ことペテルゴフへ行く。

ペテルゴフは、300年ほど前に、名実ともに大国となったロシアにふさわしい宮殿を、
というピョートル大帝の野望から生まれたものである。

公園内は、大宮殿前の大きな滝、金の銅像が並び、
64の噴水、142の水の噴出し口から流れ出る姿は圧巻だ!!



いろんな噴水があり、この日は気温が30度近くにあがりかなり暑かったけど、
公園内では涼しさも感じるほど。
小さな子どもが水浴びをしたり、園内で楽器を演奏するなど、観光客であふれかえっていた。


水辺で遊ぶ子ども達 ロシア美女


ペテルゴフへ行く手段は、エルミタージュ美術館北側の船着場に停泊している高速艇で45分。
料金は片道300ルーブル(約1200円)
※船着場へは階段があるので、周りの乗客に手伝ってもらいましょう!。